あのドラマのあそこが知りたい!そんな時はドラマ王

menu

ドラマ王

大友花恋の高校は経附 本名で通学「すっぴんもカワイイ」と評判

7月からスタートするフジテレビの月9ドラマへの出演が決まった女優の大友花恋(おおとも・かれん)。4月から入学した高校は、地元の公立で、進学校でもある「経附」(高崎市立高崎経済大学附属高等学校)ではないかと言われている。

経附の校内は4月に大騒ぎとなり、大友花恋の本名も既に広まってしまったようである。生”大友花恋”を見た経附に通う高校生の個人ブログには、「すっぴんもカワイイ」という書き込みも見られた。


【スポンサードリンク】



大友花恋が通う高校は、高崎の名門進学校「経附」か

女優・大友花恋は、2012年にデビューしたばかりの若干15歳、今年の4月に高校1年生になったばかりである。

群馬県高崎市出身の大友花恋は、雑誌「Seventeen」の専属モデルとなった中学生時代も、往復4時間をかけて高崎から東京まで仕事に通っていることを明かしていたが、芸能活動が本格化してきた今でも高崎に残り、高校も地元の公立校を選んだようである。

その大友花恋が今年の4月に入学したと言われているのが、「経附」こと高崎市立高崎経済大学附属高等学校ではないかと言われている。

「経附」は群馬県内では有数の進学校として知られ、卒業生の多くは全国の国公立大学や、私立大学では早稲田大学・慶応義塾大学・上智大学などをはじめとする名門大学に進学している。

実は、大友花恋が「経附」に通っているのではないかという噂には信憑性がある。同じ高校に通っていると思われる女子生徒の個人ブログに、次のような記事を見つけた。

ブログ

このブログでは群馬県内の公立高校としか書かれていないが、大友花恋の地元が群馬県高崎市であることや、その他のネット上の情報と合わせると、大友花恋が通っている高校は「経附」である可能性が高い。

また、このブログからは大友花恋が芸名であることも窺えるが、本名もすでに「経附」の校内では広まっているようである。

大友花恋はまだ15歳なのであるから、テレビで見るのと実物とで、それほど差があるとも思えず、「普通に可愛いと思う!すっぴんもね」という感想は、当然といえば当然だろう。


【スポンサードリンク】



ツイッター上にも大友花恋の高校が「経附」という情報あり

さらに、ツイッター上にも、「経附」や地元の他の高校の生徒と思われる人物から、大友花恋の通う高校が「経附」であることを裏付けるようなツイートが散見された。

大友花恋が月9ドラマ「恋仲」で演じる役は、医師にも誰にも心を開かない入院患者という難しい役柄。福士蒼汰や本田翼、野村周平ら20代の若手俳優陣の中で、大友花恋がどんな演技を見せてくれるのか楽しみだ。

【関連記事】
恋仲 最終回(9話)あらすじネタバレ結末と感想


【スポンサードリンク】
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カレンダー

2018年11月
« 9月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930