あのドラマのあそこが知りたい!そんな時はドラマ王

menu

ドラマ王

恋仲7話あらすじネタバレ感想

第6話までの視聴率は10%前後を行ったり来たりしている月9ドラマ「恋仲」だが、数字以上に注目度は高いと感じている。31日放送の第7話のあらすじと感想を紹介していく。(ネタバレ注意)


【スポンサードリンク】



ドラマ「恋仲」第7話あらすじと感想(ネタバレ)

(以下の内容にはネタバレを含むため、ご注意を)

前回の第6話で、蒼井翔太(演:野村周平)と別れた傷を引きずることなく、芹沢あかり(演:本田翼)は見事に教員採用試験に合格した。そんなあかりを祝おうと、三浦葵(演:福士蒼汰)は自宅で”三浦家特製カレー”を作って、あかりが来るのを心待ちにしていた。

しかし、友人の公平(演:太賀)から「あかりの合格を一番知りたがっているのは翔太なんじゃねえかな」と言われたあかりは、「翔太に会ってから行くね」と葵に告げ、翔太が勤務する病院へと向かう。そして、そのままあかりから連絡がないまま、夜が明けてしまっていた。

翌朝、あかりは病院から急いで葵のマンションへ向かったが、連絡もないまま一晩中あかりが来るのを待っていた葵は、あかりの理由を聞く気にもならず、あかりをそのまま帰してしまう。「合格おめでとう!あかり」と書かれたお祝い用のデコレーションケーキも、ゴミ箱に捨てて…。

そしてそのモヤモヤした気持ちは、葵の仕事にも影響してしまう。同僚の富永美玲(演:山本美月)に頼まれた作業でミスを連発し、葵の大失敗を建築事務所のメンバー皆でカバーせざるを得ない事態に。

葵は、先輩の磯原新一(演:永井大)から、集中力に欠けた様子を叱責され、「お前、もうこのプロジェクトから抜けろ」と言われてしまう。所長の丹羽万里子(演:吉田羊)も、そんな葵の様子を見て、「このまま続けていても、君は建築家にはなれないわ。三浦くんのためだから」と言って葵を見限り、水泳コーチなどへの転職を勧める。仕事も、あかりとの関係もうまくいかず、葵は自暴自棄になってしまう。

一方、翔太が担当する入院患者の中学生・心音(演:大友花恋)は、病状が悪化したことにより、恋心を抱く同級生の星野悠真(演:萩原利久)への想いが実らないまま病院を転院することに。サッカー部で頑張っている星野は、「俺、地区選抜に選ばれたんだ。11月に試合があるから応援に来てくれよ」と言うと、心音も「絶対行く!」と約束する。

おそらく今年の花火大会が最後になってしまう心音。悠真への想いを実らせるために残された時間は残りわずか。そんな心音のために翔太は、「心音ちゃんはまだ北海道の病院に転院することを知らないみたいでさ。好きな男の子と離ればなれになるって知ったらショックを受けると思うんだよね。だから、あかり、心音ちゃんの相談に乗ってくれないかな?」とあかりに頼む。あかりも「うん、わかった」と引き受ける。そして、「翔太、なんかちょっと変わった?」と聞くあかり。翔太は、「そういえば昨日は大丈夫だったの?心配してただろ、葵?」と聞くが、あかりは、「うん、大丈夫」と言ってごまかす。

葵が自宅に戻ると、あかりが家の前で待っていた。あかりは昨日、葵の家に行けなかった理由をちゃんと説明して誤解を解こうと、「本当にごめん。病院で色々あってさ…。連絡しようと思ってたんだけど…。三浦家特製カレー、久しぶりにまた作ってくれないかな?」と謝り、仲直りをしようとするが、仕事でミスを連発して自暴自棄になっている葵は、「悪いけど、今そういう気分になれないんだ」と、あかりに心を許そうとはしなかった。

あかりは、葵が手に持っていた転職雑誌を見つけ、「なにこれ?葵、転職するの?建築家、やめないよね?」と問うが、葵は「あかりには関係ないだろ」と突き放す葵。あかりは、「関係なくないよ!だって、高校の時から建築家になりたがってるの見てたし。それに、葵が頑張ってるの見たから、私も頑張ろうって思えたんだよ」と必死に訴えるが、葵は「よかったじゃん、それで先生になれて。でも俺は、あかりに認められても、どうにもならないんだよ」と、やはり心を許そうとはせず、その場を立ち去ってしまう。

あくる日、あかりは翔太との約束通り、心音が花火大会に着る浴衣を一緒に買いに行き、恋の相談に乗る。星野に気持ちを伝えなくても、今のままでいいという心音に対して、あかりは、「本当にそれでいいの?明日も明後日も、好きな人のそばにいられるとは限らないんだよ。ちゃんと今、素直にならないと、この先ずっと後悔することになるかもしれないよ」と、まるで自分に言い聞かせるように、心音にアドバイスした。

一方、葵もむしゃくしゃした気持ちを晴らそうと、公平と妹の七海(演:大原櫻子)を誘って東京スカイツリーに出掛けた。その帰り、もんじゃ焼きを食べながら、葵はやけになってビールを飲みながら、あかりに対する愚痴をこぼす。「『ごめん』とか言って、朝だよ朝。謝れてもみじめなだけだっつーの。まぁしょうがないよな。建築家もどきのアシスタントと、将来有望なお医者さん。そりゃ医者にいくでしょ」と。

そして、あかりのことだけではなく、仕事の愚痴も続ける。「嫌でも考えちゃうんだよね。社長みたいに才能ある人と一緒に仕事してるとさ。自分のキャパっていうか、なんていうか…。それにさ、俺が造らなくても世の中には優秀な建築家がたくさんいるしさ」と。

心音があかりとの買い物を終えて病院に戻ると、病室では母親と医師が話をしており、心音は母親から、北海道の病院へ転院することが決まったと告げられる。医師も「それまでは安静にしているんだよ。外出は今日で最後だから」と告げた。

それを聞いた翔太が、「待って下さい。もう少し様子を見てからでも…」と食い下がるが、担当医は、「向こうのドクターからの指示なんだ。本当は、今日の外出だって許可すべきではなかった」と、相談に応じる様子はまったくない。心音はショックを受けて落ち込んでしまう。

心配になったあかりは、その夜、心音の病室を訪ねる。すると心音は、「私バカみたい。調子に乗って浮かれて、浴衣なんか買っちゃってさ。私なにか悪いことした?お祭り行きたいだけなのに。花火、見たいだけなのに…。隣で、一緒に見たいだけなのに…」と、自分の運命を恨みながら涙を流す。それを見たあかりは、翔太に、「心音ちゃんにだけは後悔してほしくない。なんとかしてあげたい」と頼む。


【スポンサードリンク】



一方の葵は、葵のことを心配して家まで来てくれた同僚の富永が、せっかく葵が職場に戻って来られるように、「あんたのせいで私の仕事が増えちゃったんだよね」と言ってくれたにも関わらず、「僕は富永さんみたいに才能ないですから」と、いつまでもイジけていて、富永も呆れて帰ってしまった。

翌日、葵が家で仕事の道具を捨てようと片付けていると、あかりが訪ねてきて、「お願いがあるの」と言う。お願いとは、「サザエさん家の間取り図を描いて」というものだった。

訳が分からないまま、葵は言われた通りに間取り図を描く。それを見たあかりが、「上手いね。やっぱり葵は建築家だね」と褒めると、葵は「お願いって、そのこと?」と聞く。するとあかりは、本当のお願いは別にあるというように、1枚の紙を見せながら、「この設計図を描いてほしい。葵にお願いしたいの。考えておいて」と頼み、葵の家を出て行った。

その紙をずっと見つめていた葵は、何かが吹っ切れたかのようにベランダに出て、帰ろうとするあかりを呼び止め、「あかり、食ってく?三浦家特製カレー」と叫ぶ。あかりも笑顔で「うんっ!」と答える。そして葵の作ったカレーを食べながら、あの館山の海で一緒に一夜を明かした時のように、そして7年前の昔のように、いつの間にか本来の2人の関係に戻っていた。

そしてその日から、葵はあかりから頼まれた設計図を必死になって描き続けた。(この時点では、その設計図が何なのかはまだ分かっていない)

翌日、事務所に出社した葵は、「プロジェクトから抜けろ」と言われた先輩の磯原にも、「すみませんでした」と頭を下げた。「もう一度やらせて下さい。お願いします」と。するとその気持ちが通じ、磯原も、「もう余計な仕事を増やすなよ」と、葵を受け入れてくれた。

葵は富永にも謝り、プロジェクトに再び入れてもらう。そして、葵は所長の万里子のところに行き、「これ見てください」と、一枚の設計図を見せながら、「お願いがあります」と切り出す。

そして葵は翔太にも会いに病院を訪れる。そして、あかりから頼まれた設計図を見せながら、「その子のためにやりたいって。花火、見せてやりたいって。本当は、お前になんか頼みたくないけど、あかりの力になってやりたいんだ。お前だってそうだろ?」と言う。翔太も「ああ」と。そして葵は翔太に、あかりから頼まれた設計図が入った封筒を託した。

そして葵とあかりは、周りの人たちの協力を得ながら、とうとう準備を終えた。そしてあかりが心音を呼びに行く。そこには、金魚すくいや輪投げ、綿あめなどの模擬店があり、病院の中に夏祭りの様子が再現されていた。あかりが葵に頼んだ設計図とは、夏祭りの全体図だったのだ。

そしてそこに、心音が想いを寄せる星野も、浴衣姿で現れた。すると心音も、浴衣姿に着替えて現れる。2人は照れながらも、金魚すくいや輪投げをやったり、かき氷を食べたりして、本当のお祭りのように楽しんだ。

そしてクライマックスは、病院の中のある一室に設けられた花火大会のミニチュア。壁一面には、花火の映像が次々と映し出され、まるで本物の花火大会のよう。いつの間にか部屋の中に2人きりになった心音と星野は自然と手を繋ぎ、想いを通じ合わせることができた。

その模擬祭りに、事務所の所長の万里子も現れ、本業が忙しいのに祭りの準備を手伝わされたことをボヤきながらも、「それでいいのよ。君に足りなかったものはそれなんだから」と、葵を褒めた。葵も、「なんとなく、分かった気がします。建築家にとって一番大切なもの」と告げる。

万里子が「でもどうして気が付いたの?興味あるわ」と聞くと、葵は、「気付かせてくれた人がいるんです」と答えた。すると万里子が、輪投げの景品でもらったと言って微笑みながら、浅草花やしきのチケットを2枚くれた。「その大切な人と行きなさい」と言わんばかりに。

一方、模擬祭りが終わった後、翔太とあかりが心音の病室を訪ねると、心音は、「ちゃんと気持ち、伝えた。そしたら悠真、『来年の花火大会、一緒に行こう』って」と嬉しそうに話してくれた。「だから、向こうで頑張って病気を治す。今日言えてなかったら、いつか後悔したと思う。ありがとう。先生たちのおかげ」と、初めて素直に御礼を伝えた。そして最後、あかりに向かって、「芹沢、お前も後悔するなよ」と、あかりの背中を押した。

葵とあかりは、今度こそ正直に自分の想いを伝えようと、お互いのことを病院内で探し回るが、もどかしいくらいにすれ違い、なかなか出会えない。そしてあかりは、心音と悠真が結ばれた、”花火の部屋”に辿り着く。あかりがきれいな花火に見とれていると、そこに、葵ではなく、翔太が入ってきた。

翔太が「きれいだね」と言うと、あかりは戸惑いながらも、「そうだね」と返す。すると翔太はあかりに、「花火大会、一緒に行かないか?勝手なのは分かってる。けど、やり直したいんだ。あの時の、あの場所から」と、想いを告げた。「俺も後悔したくない」と。

その時、葵が部屋のドアを開ける。そこで葵が見たのは、翔太があかりの背中を抱きしめ、「やっぱり、あかりじゃなきゃダメなんだ。俺と結婚してくれないか」とプロポーズをする姿だった。

その様子を葵は、ドアのすき間から、ただ黙って見ていた…。

ここで、月9ドラマ「恋仲」の第7話は終わる。翔太にプロポーズされて、気持ちが揺れ動くあかり。残り2話となった「恋仲」は、この後どのような展開を見せるのか。第8話のあらすじ(ネタバレ)と感想もお楽しみに。

【関連記事】
恋仲 最終回(9話)あらすじネタバレ結末と感想


【スポンサードリンク】
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カレンダー

2018年11月
« 9月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930