あのドラマのあそこが知りたい!そんな時はドラマ王

menu

ドラマ王

探偵の探偵ネタバレ 原作の犯人・死神は誰?正体と結末

7月9日夜10時からスタートするフジテレビの木曜ドラマ「探偵の探偵」。原作の1巻から3巻までがドラマ化されるとのことで、主演の北川景子演じる紗崎玲奈が追いかける犯人・死神が誰なのかというネタバレ内容も既に判明している。ここでは、死神の正体と結末について書いていくので、ドラマを楽しみにしている方は、以下の記事を読み進めていく上でネタバレ内容にご注意を。


【スポンサードリンク】



ドラマ「探偵の探偵」原作あらすじ

「探偵の探偵」の原作は、北川景子が演じる主人公の紗崎玲奈(ささき・れな)が、探偵養成所「スマPIスクール」に入所するところから始まる。玲奈は、最愛の妹・咲良(芳根京子)をストーカー男・岡尾芯也によって殺害されたという辛い過去を持つが、その殺害事件には悪徳探偵が関与していたことが判明する。遠戚の家に密かに身を寄せていた咲良の居場所を悪徳探偵が調べ上げ、その情報を依頼主である岡尾芯也に教えてしまったのだ。それによって咲良は殺害されてしまう。

紗崎玲奈は、岡尾芯也に妹の居場所を教えた正体不明の悪徳探偵を見つけ出すために、探偵という職業の全てを知り尽くそうとして、探偵養成所の門を叩いたのである。

そして探偵養成所などでの訓練を経た後、スマPIスクールの所長・須磨康臣(井浦新)が社長を務める探偵社「スマ・リサーチ」に入社し、新設された「対探偵課」のたった一人の社員となる。「対探偵課」のミッションは、世にはびこる悪徳探偵業者を見つけ出して駆逐すること。

紗崎玲奈の本来の目的は、妹の咲良を死に追いやった悪徳探偵「死神」を見つけ出して妹の敵を討つことであるが、その過程で様々な事件や悪徳探偵業者に遭遇し、その度に瀕死の重傷を負いながら、悪徳探偵たちを次々と成敗していく。

死神を追っていく過程で、玲奈の疑いの目は、ライバル探偵社社長の阿比留佳則(ユースケ・サンタマリア)にも向けられる。警察やマスコミとも友好な関係を築き、表向きは正義の探偵を演じていた阿比留であるが、果たしてその実態は、自らの名声と金のために真相解明のストーリーを自作自演して、あたかも自身の推理で難解な問題を解決したかのように見せる悪徳探偵の一人だったのである。

そんな阿比留にとって、悪徳探偵の悪行を暴いていくスマ・リサーチ社の「対探偵課」の玲奈の存在は邪魔以外の何物でもなかった。そこで阿比留は様々な手を使って玲奈を始末しようと試みるが、玲奈は阿比留の罠をかいくぐり、とうとう阿比留を追い詰めた。しかし、結局阿比留は死神ではなかったことが判明する。

そんな折、玲奈はあるストーカー事件に遭遇した。


【スポンサードリンク】



ドラマ「探偵の探偵」原作ネタバレ 犯人「死神」の正体と結末

この先はネタバレ内容を含むため、読み進める上ではご注意を。

そのストーカー事件の被害女性が、埼玉県の北戸田にあるビルの一室に監禁されていることを知った紗崎玲奈は単身で乗り込み、ストーカー男をなんとか撃退して女性を救った。その際、その部屋でストーカー男が所持していたと思われる探偵の調査報告書の中に、どこか見覚えのある報告書が混ざっていることに気付いた。それは、妹の命を奪った岡尾芯也が持っていた調査報告書と、体裁から字体から行間まで、ありとあらゆる部分が酷似していたのだ。

咲良を死に追いやった死神は、極悪卑劣なストーカーたちからの依頼を受け、ターゲットとなる女性の所在や行動を詳細に調査し、その調査情報をストーカーたちに売り渡すことで生計を立てていた悪徳探偵だったのである。

死神に繋がる数少ない手掛かりを入手した玲奈は、DVシェルター集団失踪事件に出くわした。夫や恋人からDV被害を受けた女性をかくまって保護するDVシェルターから11人の女性が、厳しい監視の網をかいくぐって脱走したのだ。しかしその真相は、自らの意思での脱走ではなく、「野放図」と名乗る半グレ集団による連れ去り事件であった。野放図はDVシェルターに保護されている女性たちを、DV加害者である夫や恋人の元に連れ戻すことで、DV夫たちから多額の報酬を得ていたのだ。

しかし、DVシェルターの場所は一切公表されず、その所在を知ることは不可能に近いのに、野放図はどのようにしてその場所を突き止めたのか。野放図はある探偵を雇って、そのDVシェルターの場所を探らせていた。その探偵が死神だったのである。

死神の正体を掴むため、玲奈は危険を顧みず、DVシェルター事件の真相を追い始める。その過程で、警視庁の日和見主義的な姿勢に嫌気を差していた窪塚悠馬刑事(三浦貴大)の支援を得て、何度も重傷を負いながらも、最終的には栃木県那須の廃車置き場で、野放図を壊滅させ、DV被害者の女性たちも救出することができた。

その時、野放図の中で死神との連絡役を担っていた女の口を割らせ、死神の名前は「澤柳菜々」であることを聞き出した。野放図も壊滅させ、DV被害者を救い出し、死神の名前も突き止めて、全てがうまくいったかに見えたが、玲奈の数少ない理解者であり協力者であった窪塚刑事が、DV被害者の女性の一人、市村凛が野放図のリーダー・淀野瑛斗に刺されそうになったところを身代わりとなって助け、殉職してしまうという大きな代償を負った。

DVシェルター失踪事件が一段落した頃、その時の被害女性の一人であり、窪塚刑事が身を挺して救った市村凛が、なぜか玲奈が勤務するスマ・リサーチ社の近くで、DV夫に追いかけられている場面に遭遇する。

DV夫に市村凛の居場所を教えた人物は死神に違いないと踏んだ玲奈は調査に乗り出し、とうとう澤柳菜々と名乗る人物と対面することに成功した。しかし、そこにいたのは澤柳邦夫と名乗る男性。澤柳は生来、性同一性障害を患っており、数年前に菜々という本名を捨て、邦夫という名前に戸籍を変えていたのだ。そして、そのことを調べ上げていた何者かが、澤柳菜々の名前を乗っ取っていたのである。

また澤柳菜々への手掛かりが潰えたかと思われた時、玲奈のもとに澤柳菜々からメールが届いた。送信元は、玲奈の助手である峰森琴葉(川口春奈)のスマホだった。

「琴葉が死んじゃうよ。妹の咲良みたいに見殺しにする気かな」

琴葉のスマホのGPS機能で、琴葉が品川付近のコンクリート工場にいることを突き止めた玲奈はバイクで急行した。そこで琴葉と琴葉の姉を監禁し、玲奈が現れるのを待っていたのは、玲奈がよく知る人物。ついさっきまでDV夫から守るために、玲奈がかくまっていたDV被害者の市村凛。そう、市村凛こそが、玲奈の妹・咲良を死に追いやり、玲奈が自分の命を懸けて追い続けてきた死神だったのだ。

最愛の妹の敵である死神と対峙した玲奈は、激闘の末、死神こと市村凛を倒し、琴葉姉妹も無事に救出することができた。

死神を倒すために幾度となく法を犯し、ようやく自分の目的を果たした玲奈は、死神を仕留めたことで探偵業を辞することを決意。しかし、探偵としてのありとあらゆる資質とスキルを身に付けた玲奈が「対探偵課」を辞めることには、他の事務所からも引き止めの声が挙がり、玲奈はけじめをつける意味でスマ・リサーチ社は退社し、別の事務所で探偵を続けていくことになる。

ここで原作の3巻が終わるため、ドラマ「探偵の探偵」も話はここで終わりを迎えると思われる。あらすじだけでは詳細まで伝えることはできないため、ネタバレの後でも、ドラマを楽しんで頂けたらと思う。

ドラマ「探偵の探偵」の第1話は、7月9日夜10時から放送される。

【関連記事】
探偵の探偵 最終回あらすじネタバレ感想


【スポンサードリンク】
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カレンダー

2018年12月
« 9月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31