あのドラマのあそこが知りたい!そんな時はドラマ王

menu

ドラマ王

探偵の探偵5話ネタバレあらすじ感想

第2話以降は視聴率が2桁に届かず苦戦しているドラマ「探偵の探偵」。原作のアクションシーンの激しさをドラマで表現するのはやはり難しいのか。6日放送の第5話のあらすじと感想をお届けする(ネタバレ注意)。


【スポンサードリンク】



ドラマ「探偵の探偵」第5話のあらすじと感想(ネタバレ注意)

(以下の内容にはネタバレを含むためご注意を)

紗崎玲奈(演:北川景子)は、病院で意識を取り戻したストーカー犯・檜池に会いに行くことを決意した。玲奈が檜池の部屋で見つけた、檜池が以前ストーキングをした後に殺害した伊澤恭子という女性に関する調査報告書が、妹の咲良(演:芳根京子)に関する調査報告書に酷似していたからだ。

報告書が作成された時期も近いことから、玲奈は2通の報告書を作成した探偵が”死神”ではないかと疑い、死神に関する情報を檜池から聞き出そうと考えたのだ。

(この点、原作とは異なる。原作では、檜池は自宅で玲奈の襲撃を受け、ビルから飛び出したところを路線バスに撥ねられ死亡している)

檜池が入院している病院には警察関係者も多くいることから、スマ・リサーチ社社長の須磨康臣(演:井浦新)は「無謀すぎる」と玲奈を止めるが、玲奈の意志は固い。須磨から、「君の目的はどこにある?妹の敵を討ったらそれで終わりか?それとも、その後も悪徳探偵を見つけ出し、排除していくのか?」と問われるが、玲奈は「先のことは分かりません」とだけ答え、社長室から出て行く。

やがて単身で病院に現れた玲奈は、堂々と正面玄関からの突破を試みる。玲奈の姿を見つけた捜査課の坂東志郎(演:相島一之)は、窪塚悠馬(演:三浦貴大)らに包囲網を敷くよう指示を出す。窪塚や長谷部ら刑事の追跡は簡単に煙に巻いた玲奈だが、檜池の病室に辿り着いた時、檜池の心拍数はゼロとなり、玲奈は一言も会話をすることもできず檜池は死亡してしまう。その後の検死により、檜池の死因は窒息死と判明。点滴の成分の中から、筋弛緩剤が発見されたのだ。

同じ頃、東京の郊外・青梅にあるDV被害者を保護する施設「DVシェルター」から、入所者の女性11名が失踪するという事件が発生した。その報告を受けた坂東は、窪塚に、長谷部憲保(演:渋谷謙人)と共に事件を捜査するよう命じる。窪塚と長谷部は、そのDVシェルターに出向きスタッフから話を聞いたところ、スタッフは、失踪した11名の女性たちは、「連れ去られたというより、自主的に出ていった、つまり自ら逃走したように感じる」と語った。「不審な3台の車は明らかに女性たちを迎え入れるために止まっていたように見えましたし、女性たちも一直線にその車に走って行きましたから」と。

一方、姉の織田彩音(演:中村ゆり)のマンションで当面の間一緒に暮らすことにした峰森琴葉(演:川口春奈)は、姉の部屋で、傷だらけの玲奈が映っている映像を偶然目にする。その映像を見ようと彩音のPCを起動して動画ファイルを探すが、映像はすでに削除されていた。

しかし琴葉は探偵事務所で身につけた技能を駆使し、ファイル復元ソフトを使って、削除された映像を復元することに成功する。その映像には、姉が琴葉に隠していた衝撃の事実が残っていた。姉の夫とその友人たちが、琴葉を負傷させてしまったことを謝罪しに訪れた玲奈に対して、土下座をさせて琴葉への詫びの言葉を言わせたうえ、殴る蹴るの暴行を加えていたのだ。

琴葉がその映像を見ている時、姉が部屋に入って来た。琴葉が「なんでこんなことしたの?」と聞くと、姉は「あいつはどうしようもない女なの。二度とあんなことをしでかさないよう、思い知らせてやったの。人間以下のクズに教育をしてあげただけ」と答える。姉は琴葉に「紗崎玲奈は謝りにも来ない。ひどい女」と、ずっと嘘をついていたが、実は、謝罪に来た玲奈に対して暴行を加え、その事実を琴葉に隠していたのだ。


【スポンサードリンク】



檜池が入院する病院から戻った玲奈は、檜池に関する衝撃の事実を須磨に告げる。「檜池の病室には、何者かが侵入した形跡があり、床には注射器が落ちていました。檜池は口封じのために”死神”に殺されたのです」と。

檜池が死亡してしまった今、死神を探す糸口は、同じ悪徳探偵の堤暢男しかないと考えた。檜池は何人もの探偵に、ストーカー対象の女性の所在調査を依頼していたため、堤と死神は何かしらの繋がりがあるのではないかと睨んだのだ。

そんな時、琴葉がスマ・リサーチ社に帰って来た。「もう一度ここで働かせて下さい。私、強くなりたいんです」と直訴。須磨は、「判断は上司に任せる」と言い、玲奈は琴葉の復職を認めた。

玲奈は琴葉を連れ、堤暢男の居場所を探し始める。先日、堤の部屋に忍び込んだ際、堤のETCカードの情報を盗み取っていた玲奈は、堤が毎日決まった時間に、横浜横須賀道路(横横道路)の朝比奈ICを通過していることを突き止めた。そして堤の車を尾行し、とうとう堤の拠点に辿り着いた。

堤を追い詰めた玲奈は、死神が作成したと思われる調査報告書の写真を見せるが、堤は知らないと答える。「依頼人が他にどんな探偵と契約してるかなんて、分かるはずないだろ」と。玲奈が「何か有力な情報をくれないと、あなたは警察に捕まる」と脅すと、堤は、「ただ、DVシェルターの事件で失踪した女性の中に、僕が聞いた名前があった。以前、その女の旦那から、居所を調べてほしいと依頼を受けたことがある」と告げる。そして、「その女の名は芦原遥香。旦那の名前は升瀬敦史だ」と。

玲奈が「あなたがDVシェルターの住所を突き止めたの?」と聞くと、堤は、「ちがう。升瀬の依頼は受けたが、芦原遥香が警察に駆け込んだまでしか分からなかった。升瀬は他の探偵に頼むと言ってた。あいつ、他にも大勢のモグリの探偵に色々頼んできたらしいだ」と白状した。「升瀬がその写真の探偵(=死神)にアプローチした可能性はありそう?」と玲奈がさらに聞くと、堤は、「そんなもん知るかよ。ただ、腕利きの探偵なら、変態夫のお眼鏡に適ったんだろう」と。そして玲奈は堤の金庫から升瀬の連絡先を入手することに成功し、堤は警察に捕まった。

後日、玲奈と琴葉は、升瀬の自宅を訪れる。すると、そこで、DVシェルターの事件を捜査している窪塚と長谷部に出くわした。

「探偵の探偵」第5話はここで終わる。次回の第6話では、升瀬から死神に繋がる糸口を見つけるべく、玲奈が奮闘する。第6話のあらすじと感想もお楽しみに。


【スポンサードリンク】
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カレンダー

2018年11月
« 9月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930