あのドラマのあそこが知りたい!そんな時はドラマ王

menu

ドラマ王

花咲舞が黙ってない続編 第1話あらすじ&ネタバレ

人気ドラマ「花咲舞が黙ってない」の続編が7月8日からスタートした。前作と同様、杏が演じる花咲舞と、上川隆也が演じる相馬健の”臨店班凸凹コンビ”が銀行を舞台に活躍する。早速、第1話のあらすじを紹介していこう(ネタバレを含むのでご注意を)。


【スポンサードリンク】



「花咲舞が黙ってない続編」第1話のあらすじ

まだドラマを見ていない方は、ネタバレにご注意を。

第1話の舞台となるのは、東京第一銀行の日本橋支店。この日、花咲舞と相馬健は臨店先である日本橋支店を訪れた。この支店は全国750店舗ある中で業績No.1の超優良店。

しかし、投資信託を購入した顧客が、虚偽の説明を受けたとして銀行を訴えると言っている。支店長の橋爪(寺脇康文)は真藤派閥の人間(真藤は続編では本部長から常務に昇進している)。「臨店に来てくれなんて、誰も頼んでいないよ」と、橋爪支店長は強気の姿勢。しかし、何かを隠している様子。

被害を訴えているのは、銀行の顧客である諸角産業社長の諸角博史(佐藤B作)。諸角が、3000万円の投資信託を会社名義で購入し、資金が必要となった半年後に解約したところ、元本割れをして300万円の損失が出た。だが諸角が言うには、購入時に渉外課の北原有里(片瀬那奈)から「元本は保証する」「損はしない」と説明されていたという。

臨店班の仕事を「支店のあら探し」と言う橋爪支店長をなんとか説得し、有里から話を聞く舞と相馬。有里は「元本保証するとは言ってない」と主張するが、舞はそんな有里の冷静過ぎる態度に違和感を覚える。

そして、橋爪支店長もまた、「ただの言いがかりだ。損をしたのが悔しくて、難癖をつけて来てるだけだ」「そもそも投資信託は、得をすることもあれば損をすることもある金融商品だ。銀行員が元本保証などと言う訳がない」と聞く耳を持たず、取り合おうとしない。

このままでは埒が明かないと踏んだ舞と相馬は、橋爪支店長の「臨店の仕事は支店の中の問題を解決することだ。それ以上のことに首を突っ込んだり、口出しをすべきではない」という制止を振り切り、諸角社長の話を聞くため諸角産業へ向かう。

舞は北原有里の履歴書を見てつぶやく。「1年目までテラーだったんだ」。有里は資格を取って渉外課に異動するまではテラー(銀行の窓口担当)だったのだ。元テラーの舞は、その点に何か引っ掛かるという。

だが、諸角は銀行の対応に怒り心頭で、舞と相馬が会社に訪れた時には、すでに東京第一銀行を訴える旨の訴状を提出してしまった後だった。

そのことを知った常務の真藤は怒りに震え、橋爪支店長を自分の部屋に呼びつけると、「誰かがしっかりと責任を取る必要があるな」と脅した。

諸角社長の話を聞くと、北原有里のことは窓口担当の頃から知っていると言い、だからこそ、有里の「元本保証。損はしない」という説明を簡単に信じてしまったという。しかし、諸角社長はその説明をしっかりと自分の手帳に書き記していた。

有里を問い詰める舞と相馬。窮地に追い詰められた有里は、舞から「自分の成績を上げるためにお客様を騙すなんて」と言われ、「何も知らないくせに」と言い残して去ってしまう。その時の有里は、何か言いたいことを飲み込んだように舞は感じた。

その言葉の裏にあったのは、橋爪支店長の日常的なパワハラとも言える、支店の業績向上、目標達成に向けた、行員への極度の圧力、言葉の暴力であった。

橋爪支店長は、「誰かが責任を取るべき」という真藤常務の言葉を有里に押しつけ、自ら退職するように促す。「あくまでも自分の意志でね」と。

橋爪に裏切られた有里は、「成績のためなんかじゃない。命令だったの」、「私、諸角社長に元本保証するって言いました。支店長の命令で」と、ようやく真実を舞に打ち明けた。

それは半年前のことだった。「今年も1位になりたくないのか。数字さえ作ればそれでいいんだ。お前たちの仕事は業績を上げることだ」と、行員に圧力をかける橋爪。その時、有里が諸角産業からなかなか投資信託の販売契約を取れないでいることを効いた橋爪は、「じゃあ元本保証すると言えばいい。そう言えば買ってくれるよ」とさらっと言う。

有里「ですが、もし損をするようなことがあったら…」
橋爪「大丈夫だ。今の景気なら元本割れするような事態にはならない。万が一問題が起こったら、私が責任を取る。いいな、必ず結果を出せ。これは支店長命令だ」

しかし結果は最悪だった。半年後にその投資信託は300万円もの損失を出してしまったのだ。すると支店長の橋爪は手の平を返して、「元本保証なんて言ってないと言い張れ」と有里に命令し、半年前に、万が一の時には自分が責任を取ると言った言葉も反故にして、「それは君が勝手にやったことだろう」と言い放った。「ここで働き続けたいなら、隠し通すしか方法はない。いいな」と念を押して。

命令だったという証拠にはどこにもない。全ての事実を知った舞は、橋爪支店長にどう立ち向かうのか。


【スポンサードリンク】



他にも支店長の強引な命令に従わされた人がいると踏んだ舞。しかし相馬は、「銀行というところは、正論が通用するような世界じゃない。むしろ通用しないことのほうが多い。今回は受け流して我慢しろ」と、舞を説得する。

それでも舞は、日本橋支店の行員一人ひとりに聞いて回り、過去に他にも同じような事がなかったかを調べ始める。そしてとうとう決定的な手掛かりを見つけた。橋爪が日本橋支店に赴任してからの2年間で、異動・出向・退職になった人たちを一人ひとり当たった結果、退職者の一人・安西から、過去にも橋爪が部下に不正を強要した事実を突き止めたのだ。

「証拠を見せろ」と言い張る橋爪に対して、「お言葉を返すようですが」と決め台詞を発した舞は、「人のせいにしているのは、橋爪支店長です」と断言。「この支店には、業績1位の表彰状はあっても、心がありません。心を失わせているのは、橋爪支店長、あなたです」

そんな舞に同調するかのように、支店の行員たちが次々と、勇気を出して橋爪の日頃のパワハラに関する証言を始める。かくして、橋爪支店長が行ってきた行員への不正の強要が明らかとなり、橋爪は他の会社に出向となり、有里は銀行を退職せずに済んだ。別の支店に異動して新たに再出発するという形で。

第1話から本領を発揮した花咲舞。第2話以降も、「お言葉を返すようですが」の台詞とともに、東京第一銀行が抱える数々の問題を次々と解決していくことだろう。


【スポンサードリンク】
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カレンダー

2018年12月
« 9月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31