あのドラマのあそこが知りたい!そんな時はドラマ王

menu

ドラマ王

花咲舞が黙ってない視聴率速報!続編ドラマ

昨年4月~6月クールで放送され、高視聴率を記録した人気ドラマ「花咲舞が黙ってない」(日本テレビ系)が、この夏、続編となって帰ってきた。こちらのサイトでは、花咲舞が黙ってない続編の、気になる各回の視聴率を速報でお届けする。


【スポンサードリンク】



前作「花咲舞が黙ってない」は高視聴率を記録

人気ドラマ「花咲舞が黙ってない」の続編が7月8日からいよいよ始まった。前作の最終回からちょうど1年、満を持しての続編である。ただし、今回のドラマのタイトルには、「2」や「続」、「帰ってきた」などは一切ついていない。前作とまったく同じ「花咲舞が黙ってない」というタイトルとなっている。

このことについて、前作から引き続き、杏が演じる花咲舞とコンビを組む上川隆也が次のように説明している。「『花咲舞の物語は、何も変わらずに再び幕を開ける』という視聴者へのメッセージなのだ」と。

前作は、全10話の平均視聴率16.0%、最終回に至っては18.3%という高視聴率を記録しただけに、7月8日から始まった続編も当然ながら注目を浴びてのスタートとなった。

そして、気になる第1話の初回視聴率速報は、14.7%(関東地区)となったことが、ビデオリサーチの調べにより分かった。前作の初回視聴率17.2%には及ばなかったものの、7月に始まった各局のドラマの多くが初回視聴率1桁スタートなった現状からすると、「花咲舞が黙ってない」は十分なスタートを切れたと言える。

第1回目 14.7% (7月8日放送)
第2回目 12.9% (7月15日放送)
第3回目 14.7% (7月22日放送)
第4回目 14.1% (7月29日放送)
第5回目 13.6% (8月5日放送)
第6回目 14.3% (8月12日放送)
第7回目 15.6% (8月19日放送)
第8回目 14.2% (8月26日放送)

高視聴率の要因の1つ、原作は「半沢直樹」の池井戸潤

前作も今回の続編も高い視聴率をマークしている要因の一つに、原作が、あの「半沢直樹」で知られる大人気作家、池井戸潤氏の小説「不祥事」ということは間違いなくあるであろう。

「半沢直樹」の他にも、池井戸潤氏の小説はドラマ化される度に人気作となり、いずれも高視聴率を記録している。例えば、昨年放送された「ルーズヴェルト・ゲーム」(TBS系)然り、また最近では、前クールに放送されたフジテレビの“月9”ドラマ「ようこそわが家へ」然りである。

平均視聴率を見てみると、「半沢直樹」の28.7%を筆頭に、「ルーズヴェルト・ゲーム」の14.5%、「ようこそ、わが家へ」が12.5%と、まったくのハズレ知らずである。この視聴率の高さを見れば、「花咲舞が黙ってない」が、前作も続編も高い期待を集めているのも頷ける。


【スポンサードリンク】



高視聴率のもう1つの要因はキャストにあり!主演は視聴率女王の杏

ドラマ「花咲舞が黙ってない」が高い視聴率を誇るもう1つの要因を挙げるとすれば、それはキャストにあるといえる。前作から引き続き主演を張るのは、“視聴率女王”の異名をとる杏。

今年の1月クールに放送された杏の主演ドラマ、フジテレビ“月9”の「デート~恋とはどんなものかしら」は、平均視聴率12.55%を記録した。

今や、あるドラマ関係者をして、「どんな役を演じても視聴率の獲れる女優は、杏と綾瀬はるか」と言わしめるほどの人気を誇る。NHK連続テレビ小説「ごちそうさん」(2013年9月30日~2014年3月29日)に主演して以降、完全にトップ女優としての地位を確立したと言える。その成功要因について、ある芸能関係者は、「ごちそうさん」終了後に間髪入れず、主演ドラマ「花咲舞が黙ってない」が始まったことが大きいと分析する。売れている時に一気に畳み掛けないと、移り変わりの激しい芸能界で、長きにわたり人気を維持することは難しい。

さらに、バラエティ番組を何本も掛け持ちできるお笑いタレントなどと違い、ドラマで生きる俳優や女優は、ドラマでのテレビの露出は週に1回。売れる時に売っておかないとすぐに忘れられてしまう。その点、杏は同じ時期に「24時間テレビ」のメインMCを務めたり、プライベートでも東出昌大との熱愛や結婚など、話題には事欠かなかったが功を奏した。「ごちそうさん」以降、話題がまったく途切れなかったことが、杏をトップ女優に引き上げた大きな要因となった。

他にも、前作に引き続き、主演の杏をはじめ、上川隆也、塚地武雅、榎木孝明、甲本雅裕などの主要キャストは続編でも健在だ。

これだけ高視聴率を取れる要素が集まった「花咲舞が黙ってない」の続編がどこまで視聴率を伸ばすことができるのか、今から楽しみだ。第2話以降も視聴率を速報でお伝えしていく。


【スポンサードリンク】
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

    • トモコ
    • 2015年 9月 15日

    花咲き舞がだまっていない!!を楽しく見ています。おとうさんの食事のシーンがほのぼのしてとても良いです。ストーリーモ無理がなく自然に流れてとても気分がよいです。他のドラマは、役者がへたで学芸会を見ているようでした。そこに行くと、花咲は
    役者さんたちが仲良く息が会ってやっているのかなーなんておもいます。相棒のようにシリーズ化してほしいです。これからも応援します。頑張ってください。杏とうえかわコンビがとっても良いです。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カレンダー

2018年11月
« 9月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930