あのドラマのあそこが知りたい!そんな時はドラマ王

menu

ドラマ王

ナポレオンの村5話あらすじネタバレ感想

初回に視聴率12.7%を記録して以降は、視聴率1桁台が続いているドラマ「ナポレオンの村」。世界陸上の放送のため間が2週間空いてしまったが、6日に放送の第5話のあらすじと感想を久しぶりに紹介していきたいと思う。(ネタバレ注意)


【スポンサードリンク】



ドラマ「ナポレオンの村」第5話のあらすじと感想(ネタバレ)

(以下の内容にはネタバレを含むため要注意)

山梨県の市役所職員である岩田(演:筧利夫)が、神楽村に研修にやってきた。地元の市で限界集落を担当している岩田は、上司から、浅井(演:唐沢寿明)の村興しを学んで来いと、上司から指示を受けて来たという。堅物でとっつきにくい岩田に戸惑いながらも、浅井と由香里(演:麻生久美子)は岩田も巻き込んで、神楽村の村興しの策として、村祭りや滝壺レストラン、婚活イベントに続く次の一手を考える。

そんな折、由香里は、日本のある村が負の遺産を観光地に変えて成功した例があることを知る。そこで由香里が思いついたのは、神楽村の負の遺産である「元採石場」を活用するというアイディアだった。

村の中心的な存在である神主の菰田(演:イッセー尾形)に案内してもらい、元採石場の跡地である洞窟の中を進んでいくと、そこには、まるでアドベンチャー映画かと見間違えるような空間と地底湖が存在していた。それを見て驚いた浅井は、「この場所をメインアトラクションにして、家族みんなで楽しめるテーマパークを造ろう」と提案する。

しかし、その突拍子もないアイデアにを聞いた村人たちは不安げな様子。それでも、これまでの浅井の行動を見てきて、浅井が有言実行の男であることを知っている村人たちは、今回も浅井の言葉に焚きつけられ、皆、テーマパーク造りに協力してくれることになった。

神楽村の人たちを勝手に巻き込み、上司の指示も聞かず、市長の計画にまで抗うという、浅井たちの破天荒なやり方に、典型的な型にはまった役人である岩田は、驚きと戸惑いを隠せない。

一方、国会議員の國枝(演:大和田獏)と星河市長の福本(演:沢村一樹)は、産業廃棄物処分場の建設のために神楽村を廃村にすることを目論んでいた。しかし、浅井の登場によって廃村計画が一向に進んでいないことを國枝から責められた福本は、あることを企み、実行に移そうとしていた。


【スポンサードリンク】



岩田はテーマパーク造りの作業を手伝いながら、浅井に、息子の啓大(演:高村佳偉人)とうまくいっていないという悩みを打ち明ける。妻が病気で亡くなって以降、岩田が家事をするようになってからというもの、啓大は岩田の言うことを聞かなくなってしまったのだという。「きっと自分のことを頼りない父親だと思っているんだろう」とこぼす岩田に、浅井は、今度予定しているこのテーマパークの体験ツアーに、啓大と一緒に参加してみてはどうかと勧めるが…。

ゲストに筧利夫や大和田獏らを迎えて久々の放送となる「ナポレオンの村」。第5話の詳細なあらすじ(ネタバレ)と感想は随時アップデートしていくので、第5話の放送後をお楽しみに。


【スポンサードリンク】
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カレンダー

2018年11月
« 9月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930