あのドラマのあそこが知りたい!そんな時はドラマ王

menu

ドラマ王

デスノートL(山崎賢人)の本名ネタバレ 1話の視聴率は上々

7月5日からスタートしたドラマ版「デスノート」(日本テレビ系)。まだドラマは始まったばかりであるが第1話の視聴率は上々で、ネット上では早くも、主人公の夜神月(やがみ・ライト)と対峙する、山崎賢人が演じる名探偵L(エル)役の本名を知りたいという声も聞かれる。若手人気俳優・山崎賢人の紹介とともに、L(エル)の本名も原作から読み解いてみる(ネタバレを含むのでご注意を)。


【スポンサードリンク】



ドラマ版「デスノート」でL(エル)役を演じるのは山崎賢人

主人公・夜神月やニアのキャラ設定の変更など、原作とは大きく異なる点もあり、放送前から多くの批判の声が上がり物議を醸したドラマ版「デスノート」。しかしふたを開けてみれば、第1話の平均視聴率は16.9%と、2015年の民放ドラマ初回の最高を記録した。

そのドラマ版「デスノート」の人気に一役かっているのが、L(エル)役を演じる、いま若手俳優の中でも注目株の山崎賢人だ。

【山崎賢人のプロフィール】
生年月日:1994年9月7日
年齢:20歳(2015年7月現在)
出身地:東京都板橋区
身長:178 cm
血液型:A型
所属:スターダストプロモーション

<主な出演作品>
テレビドラマ
・ランナウェイ〜愛する君のために(2011年)PANDA役
・黒の女教師(2012年)
・35歳の高校生(2013年)
・チーム・バチスタ4 螺鈿迷宮(2014年)
・弱くても勝てます 〜青志先生とへっぽこ高校球児の野望〜(2014年)
・水球ヤンキース(2014年)
・連続テレビドラマ小説『まれ』(2015年)

映画
・管制塔(2011年)
・麒麟の翼 〜劇場版・新参者(2012年)
・Another(2012年)
・今日、恋をはじめます(2012年)
・ジンクス!!!(2013年)
・L・DK(2014年)(剛力彩芽とW主演)

CM
・フォルクスワーゲングループジャパン 「父のナイトドライブ」(2010年)

山崎賢人は2011年のデビューながら、昨年には「L・DK」で剛力彩芽とW主演を務め、今回のドラマ版「デスノート」でも準主役を務めるなどの人気若手俳優。また、雑誌の女装コンテストで1位を飾るなど、そのルックスも折り紙付きだ。


【スポンサードリンク】



L(エル)の本名を公開(ネタバレ注意)

さて、それでは気になるL(エル)の本名を明かしたいと思う。

Lの本名が注目を集めている理由は、デスノートで殺すことができる人間は、「顔と本名」がわかっている者に限られるため。ということは、Lがキラ(=夜神月)に近づけは近づくほど、キラに名前を知られてしまう可能性が高まり、ゆえに殺されてしまうリスクも高くなってしまう。

ただ、「L」というのはコードネームであるため、「L」が本名を明かしさえしなければ、キラによってデスノートで殺されることはない。逆にキラは「L」の本名をなんとしても知ろうとする。それゆえ、Lの本名が注目の的になっているのだ。

さて、それではここからはネタバレとなるが、Lの本名は、
「L=Lawliet(エル=ローライト)」
Lがファーストネーム(日本的に言うと下の名前)だ。この本名は、スペルは多少違うものの、law(法律)とright(正義)を組み合わせたものという説もある。

このLの本名は、原作漫画「DEATH NOTE」では、コミックス13巻で判明するが、果たしてドラマ版「デスノート」では、最終回までにLの本名が月によってノートに書かれる日が訪れるのだろうか。


【スポンサードリンク】
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カレンダー

2018年11月
« 9月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930